スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム近代日本キリスト者との対話

 

近代日本キリスト者との対話

その信の世界を探る

著者 鵜沼裕子 著
版型 A5判
ページ数 228
製本 上製
発行日 2017年9月
ISBN 978-4-909022-65-3 C3016
在庫 あり
本体価格 3,000円

3,240円
【本体価格+税】


内容

近代日本においてキリスト教と出会い、その信仰を選び取った人々の、「宗教の体験」・「宗教の事実」に迫る。
信仰主体の信仰と思想・行動の内的構造連関を共感的に再把握することを試みた論文集。

著者プロフィール

鵜沼裕子(うぬま ひろこ)

1934年東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科倫理学専攻課程・博士課程単位取得満期退学(文学修士)。元聖学院大学大学院アメリカ・ヨーロッパ文化研究科教授。聖学院大学名誉教授。

〔著書〕『近代日本のキリスト教思想家たち』(日本基督教団出版局、1988年)、『史料による日本キリスト教史』(聖学院大学出版会、1992年)、『近代日本キリスト者の信仰と倫理』(同、2000年)など。

目次

まえがき
序章:方法的視座としての宗教体験 ―― 今後の研究への期待を込めて
第一章:植村正久における文学と信仰
第二章:内村鑑三における信仰と倫理 ―― 戦争と平和の問題をめぐって
第三章:新渡戸稲造の世界 ―― その植民地観をめぐって
第四章:波多野精一の他者理解
第五章:賀川豊彦の世界 ――「 悪」の問題を中心に
第六章:高倉徳太郎の生と死をめぐって ―― 一信徒としての立場から
第七章:キリスト教から見た国家と倫理
あとがき

関連書籍

▲PAGETOP