スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームとはずがたりの表現と心:「問ふにつらさ」から「問はず語り」へ

 

聖学院大学研究叢書7

とはずがたりの表現と心:「問ふにつらさ」から「問はず語り」へ

著者 標 宮子 著
版型 A5判
ページ数 568ページ
製本 上製
発行日 2008年2月
ISBN 978-4-915832-72-7 C3095
在庫 品薄
定価 9,900円(10%税込)

インターネットでのご購入はこちら


内容

『とはずがたり』は1938 年に発見され,埋もれた古典として話題になった文献であるが,それ以降,研究者によって地道な注釈研究がなされてきた.本書は,それらの成果を踏まえながら,作品の背景である宮廷貴族の生活を解明し,主題となっているさまざまな人間関係の中で苦悩する著者の生き方を現代に甦らせている.

著者プロフィール

標 宮子(シメギ ミヤコ)

聖学院大学人文学部日本文化学科教授。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

例言
序章『とはずがたり』の研究の問題点と本書の構成
第1編『とはずがたり』の成立――問題の所在
第2編『とはずがたり』の人物造形
第3編『とはずがたり』の主要モチーフ
第4編『とはずがたり』の表現方法
第5編『とはずがたり』の自照性
終章『とはずがたり』の主題と構想
初出一覧
参考文献
あとがき
索引Ⅰ人名(呼称)索引
Ⅱ書名索引
Ⅲ事項索引
Ⅳ 和歌初句索引

関連書籍

▲PAGETOP