スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームアメリカ史のアイロニー

 

アメリカ史のアイロニー

著者 ラインホールド・ニーバー著、
大木英夫、深井智朗 訳
版型 四六判
ページ数 310ページ
製本 上製
発行日 2002年6月
ISBN 978-4-915832-44-4 C3016
在庫 あり
本体価格 3,800円

インターネットでのご購入はこちら


内容

アメリカは20 世紀の半ば,突如として,国民的経験も精神的準備もないままに世界史的勢力として台頭し,世界史の中に踊り出た.この「大国」アメリカはどこに向かうべきか.本書は,原書が1952 年に出版されているが,世界史的「大国」アメリカの問題を「権力の腐敗」の問題として鋭く抉り出し,アメリカを自己認識と責任意識へと導こうとする,現代の問題をも照射するアメリカ論の新訳である.付録として巻末にニーバーの「ユーモアと信仰」を所収.

著者プロフィール

目次

第1章 アメリカの状況におけるアイロニーの要素
第2章 イノセントな世界におけるイノセントな国
第3章 幸福、繁栄、そして徳
第4章 運命の支配者
第5章 ドクマに対する経験の勝利
第6章 国際的な階級闘争
第7章 アメリカの将来
第8章 アイロニーの意義
付録 ラインホールド・ニーバー「ユーモアと信仰」

関連書籍

▲PAGETOP