スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームイギリス革命とアルミニウス主義

 

イギリス革命とアルミニウス主義

著者 山田園子 著
版型 A5判
ページ数 364ページ
製本 上製
発行日 1997年12月
ISBN 978-4-915832-18-5 C3022
在庫 あり
定価 6,380円(10%税込)

インターネットでのご購入はこちら


内容

イギリス革命期の急進的聖職者ジョン・グッドウィンは「しょく罪されたしょく罪」(1651 年)によって,カルヴァンの運命論的な二重予定説を批判した.その思想の中核にあった神の選びは万人におよび,その摂理は人間の自由意志と矛盾しないと説いた16 世紀オランダのアルミニウスの教説を詳説し,それがイギリス革命におよぼした影響を明らかにする.
(平成9年度文部省科研費交付図書)

著者プロフィール

山田 園子(ヤマダ ソノコ)

1954年 名古屋に生まれる。1982年 名古屋大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。1990年 法学博士。島根大学法文学部教授を経て、現在、広島大学法学部教授。

上記内容は本書刊行時のものです。

 

目次

序章 問題の所在

第1章神の自由恩恵

第一原因としての神

神の絶対性

自由な作動者

第2章 人間の意志の自由

理性、霊と意志;聖徒の堅忍説批判

歴史と教説

第3章 キリストの普遍しょく罪

議論のすすめ方

しょく罪について

歴史的背景  ほか

関連書籍

▲PAGETOP