スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームイングランド・ピューリタニズム研究

 

イングランド・ピューリタニズム研究

著者 松谷好明 著
版型 A5判
ページ数 430ページ
製本 上製
発行日 2007年3月
ISBN 978-4-915832-70-3 C3022
在庫 品薄
定価 8,800円(10%税込)

インターネットでのご購入はこちら


内容

イギリスに起こり,アメリカへと展開したピューリタニズムは明治期から日本の文学・思想に多大な影響を与えてきているが,一方でまちがった理解によりゆがんだピューリタニズム像も描かれてきた.本書は,ピューリタンたちの生み出した第一次資料にあたって歴史資料に則ったピューリタン像を描くとともに,ピューリタニズムを世界史的動向の中で捉え,歴史を変革し,形成する普遍的原理としてのピューリタニズムを評価しなおすものである.

著者プロフィール

目次

第1部 ピューリタニズムの諸相  ピューリタニズムの父、トマス・カートライト—その歴史神学的研究の課題  サバタリアニズム(安息日厳守主義)の現代的意義  ピューリタニズムにおける結婚と離婚の教会法的規定  ウェストミンスター信仰告白の歴史的、教理的注解序説 第2部 ピューリタニズムにおける教会政治論  一七世紀における教会政治論論争—ウェストミンスター教会政治規程およびサヴォイ綱領のテキストとコンテキストを中心に  長老派と会衆派による「合意項目」—二本の木は一本の木とされた!?  ウェスレー/メソジズムと長老主義—キング卿『原始教会考』の役割—「ウェスレーとメソジズムは長老主義である」と言われる所以

関連書籍

▲PAGETOP