スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームキリスト教社会倫理

 

キリスト教社会倫理

著者 W・パネンベルク著、
大木英夫、近藤勝彦 監訳
版型 四六判
ページ数 270ページ
製本 上製
発行日 1992年4月
ISBN 978-4-915832-00-0 C0016
在庫 あり
本体価格 2,524円

インターネットでのご購入はこちら


内容

原著 Ethik und Ekklesiologie 第1部 の部分訳
ドイツの神学者W. パネンベルクが論ずるキリスト教社会倫理学.倫理的規範がゆらぐ現代の倫理的危機状況を認識しながら,法,倫理の基礎づけの基本的問題から,政治権力,平和,人類統一など,現実的諸問題までを,神学を基盤に論じている.

著者プロフィール

W・パネンベルク(パネンベルク,W(ヴォルフハルト))

1928年シュテッティン生まれ。ドイツのプロテスタント神学者。1968~1994年ミュンヘン大学教授(組織神学)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

法の神学
倫理的なものの危機と神学
ゲルハルト・エーベリンク氏に答えて
エルンスト・トレルチにおける倫理学の基礎づけ
ルターの二世界統治論
キリスト教信仰と社会
神の平和と世界の平和
人類の未来と統一

関連書籍

▲PAGETOP