スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームデモクラシーにおける討論の生誕:ピューリタン革命におけるパトニー討論

 

デモクラシーにおける討論の生誕:ピューリタン革命におけるパトニー討論

著者 大澤麦,澁谷浩 訳
版型 A5判
ページ数 366ページ
製本 上製
発行日 1999年10月
ISBN 978-4-915832-30-7 C1022
在庫 品薄
定価 6,380円(10%税込)

インターネットでのご購入はこちら


内容

ピューリタン革命の最中の1647 年10 月28 日から3日間,国王を逮捕した革命軍が今後の方針を討議するためにパトニーで総評議会を開催した.議長はオリヴァ・クロムウェルがつとめ,新しい政治体制を主張するレヴェラーズと激しい議論を進めた.A.D. リンゼイは,ここに近代デモクラシー思想の源泉があったとする.本書は,ウドハウスの編集によるテキスト「パトニー討論」の翻訳に訳者注記と解説を付し,この討論の政治思想史における意義を解明する.

著者プロフィール

大澤  麦(オオサワ ムギ)

1987年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業 1993年 明治学院大学大学院法学研究科博士後期課程修了、博士(法学)取得 1994年 日本学術振興会特別研究員PD(慶應義塾大学)<〜97年まで> 1997年 聖学院大学総合研究所特任研究員 1998年 聖学院大学総合研究所専任講師 2002年 聖学院大学総合研究所助教授 2005年 首都大学東京都市教養学部都市教養学科法学系政治学コース教授 専攻 西洋政治思想史 政治哲学

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

訳者序論 ピューリタン革命における「パトニー討論」—その背景と政治思想的意義

「クラーク文書」について

ピューリタン革命と政治の問題

第一次内戦とニュー・モデル軍

パトニーへの道—1646〜7軍の政治情勢

「パトニー討論」の進行状況

パトニー討論

付録「パトニー討論」関連文書

軍の厳粛なる契約(1647年6月5日)

軍の建議(1647年6月14日)

提案要綱(1647年8月1日)

軍の真実なる主張(1647年10月15日)

人民協約(1647年11月3日))

関連書籍

▲PAGETOP