スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームトレルチとドイツ文化プロテスタンティズム

 

トレルチとドイツ文化プロテスタンティズム

著者 フリードリッヒ・ヴィルヘルム・グラーフ 著, 深井智朗,安酸敏眞 編訳
版型 A5判
ページ数 320ページ
製本 上製
発行日 2001年2月
ISBN 978-4-915832-40-6 C3016
在庫 あり
本体価格 4,000円

4,320円
【本体価格+税】

インターネットでのご購入はこちら


内容

マックス・ヴェーバーと並び,19 世紀から20 世紀にかけてのドイツの文化科学,とくに歴史学,また神学思想において大きな足跡を残した,エルンスト・トレルチの思想を,文化史の観点から再評価し,現代における意義を論ずる意欲的な論考.著者は,ミュンヘン大学プロテスタント神学部教授であり,1999 年度の「ライプニッツ賞」を受けた気鋭の研究者である.

著者プロフィール

目次

・序論 自由主義文化プロテスタンティズムのアクチュアルな意義について
・文化プロテスタンティズム—神学政治的暗号の概念史について
・「ゲッティンゲンの小学部」の「体系家」—エルンスト・トレルチの学位取得の諸テーゼとこの諸テーゼのゲッティンゲンでの「社会的・文化的」文脈
・宗教と個性—エルンスト・トレルチの宗教理論の根本問題について
・エルンスト・トレルチ—キリスト教の文化史
・マックス・ウェーバーとその時代のプロテスタント神学

関連書籍

▲PAGETOP