スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームハルナックとトレルチ

 

ハルナックとトレルチ

著者 フリードリッヒ・ヴィルヘルム・グラーフ著、近藤正臣、深井智朗 訳
版型 四六判
ページ数 131ページ
製本 上製
発行日 2007年5月
ISBN 978-4-915832-73-4 C0016
在庫 あり
本体価格 1,800円

1,944円
【本体価格+税】

インターネットでのご購入はこちら


内容

ドイツの第二帝国の時期(1870 年から1918 年)は,急激な社会変化とそれに続く政治的,社会的,文化的対立によって特徴付けられる.この時期における神学も大きな変革を余儀なくされた.この時代に歴史的変動と取り組み神学的主題としたハルナック,トレルチなどの神学者を論じ,激動の時代のドイツの思想状況を明らかにする.

著者プロフィール

目次

第1講 帝政ドイツにおける宗教
第2講 ドイツ帝政内におけるプロテスタント神学
第3講 アドルフ・フォン・ハルナック
第4講 ハルナック神学の今日における意義
第5講 エルンスト・トレルチの神学的プログラム
第6講 歴史の文化科学としての神学

関連書籍

▲PAGETOP