スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームピューリタン:近代化の精神構造

 

ピューリタン:近代化の精神構造

著者 大木英夫 著
版型 四六判
ページ数 230ページ
製本 上製
発行日 2006年9月
ISBN 978-4-915832-66-6 C0022
在庫 あり
本体価格 2,000円

インターネットでのご購入はこちら


内容

著者は,近代の成立をルネッサンスと宗教改革に求め,非宗教化と捉える俗説を排し,近代の起源を,「教会と国家の分離」「人間の個人化」「契約社会への移行」という構造変化に見出す.その構造変化の担い手としてのピューリタンたちの運動の思想史を描く.名著『ピューリタン』の改訂新著.

著者プロフィール

目次

序章 近代化とピューリタニズム 1 世紀転換の思想—ピューリタン思想の本質 2 思想の土着—ピューリタン運動の転機 3 有機体社会から契約社会へ—ピューリタン社会の形成 4 革命的人間—ピューリタン革命のにない手 5 民主主義の源流—ピューリタン的人権意識と寛容の精神 6 新しい社会の形成—ピューリタンの栄光と悲惨 終章 近代世界の世俗化 「千夜千冊」第六二〇夜「移住する会議者の宗教」 (松岡正剛)

関連書籍

▲PAGETOP