スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームルター神学の再検討

 

ルター神学の再検討

著者 倉松功 著
版型 A5判
ページ数 251ページ
製本 上製
発行日 1998年8月
ISBN 978-4-915832-23-9 C3016
在庫 あり
本体価格 4,800円

インターネットでのご購入はこちら


内容

宗教改革者M. ルターの神学は戦後,ルター派神学者たちのナチスへの協力などの事実からも,多方面から批判されてきた.著者は,ルター批判の妥当性を承認しつつも,その神学思想を原資料から読み直し,時代状況のなかから再検討した.一方で,ルター神学の本質と構造を解明し,他方でその思想が,文化多元主義社会,人権の確立,デモクラシー社会の形成などの現代的課題にどのような有効性をもっているかを明らかにする.

著者プロフィール

倉松 功(クラマツ イサオ)

1928年高知県生まれ。旧制高知高等学校(現高知大学)、旧制日本基督教神学専門学校(現東京神学大学)卒業。日本キリスト教団東京信濃町教会副牧師を経て、ハイデルベルク大学神学部留学。文学博士。東北学院大学教授、同学長。

上記内容は本書刊行時のものです。

 

目次

第1部 ルター神学の本質と構造の再検討

ルターの十字架の神学—特にルター神学の本質・構造との関連において

ルターにおける敬虔

ルターとカルヴァンの義認論—ルターからの一考察

ルターにおける属性の共有(communicatio idiomatum)について

ルターにおける各個教会の自立と長老制

第2部 ルター神学の現代的展開

ルターのイスラム教批判—その姿勢と基準

ルターにおけるキリスト教リアリズム

ルターの人権論

ルター研究の現在

宗教と科学の対話—プロテスタントの場合

関連書籍

▲PAGETOP