スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホームヴェーバー・トレルチ・イェリネック

 

ヴェーバー・トレルチ・イェリネック

ハイデルベルクにおけるアングロサクソン研究の伝統

著者 深井智朗,フリードリッヒ・ヴィルヘルム・グラーフ 編著
版型 四六判
ページ数 236ページ
製本 上製
発行日 2001年12月
ISBN 978-4-915832-45-1 C3010
在庫 あり
本体価格 3,600円

3,888円
【本体価格+税】

インターネットでのご購入はこちら


内容

ヨーロッパ近代の問題を理解する際に欠かすことのできない文献としてヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』,トレルチ『近代世界の成立におけるプロテスタンティズムの意義』,イェリネック『人権宣言論争』がある.それらは,分野やアプローチは異なるものの,アングロサクソン世界に展開したプロテスタンティズムの意義に注目している.本書は,この主題で開催された国際シンポジウムの記録を編集したものである.

著者プロフィール

目次


・ハイデルベルクにおけるアングロサクソン研究の伝統
—G・イェリネック、M・ウェーバー、E・トレルチ
・ヴェーバーのアングロサクソン研究
・ハイデルベルクのイェリネック—人権学説における歴史的レーベンの力

・シンポジウムでのコメント1
・シンポジウムでのコメント2

・ヴェーバー・テーゼとピューリタニズム—批判と反批判
・近代ドイツとデモクラシー—イェリネックを中心に

関連書籍

▲PAGETOP