スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム光の子と闇の子 : デモクラシーの批判と擁護

 

光の子と闇の子 : デモクラシーの批判と擁護

著者 R・ニーバー著,武田清子 訳
版型 四六判
ページ数 210ページ
製本 上製
発行日 1994年3月
ISBN 978-4-915832-03-1 C0016
在庫 品薄
本体価格 2,136円

2,307円
【本体価格+税】

インターネットでのご購入はこちら


内容

アメリカの政治倫理学者,R. ニーバーの主著の一つである本書は,デモクラシーという,現代世界において,再考を求められている思想原理を批判し,擁護する.権力が対立し,政治と経済が相剋する現実にあって,正義と自由を確立するためには,いかなる指導原理が存在するのか.人間の悪の問題の把握において深い洞察を欠いているマルクス主義,デモクラシー思想の楽観主義を批判し,キリスト教思想に基づくデモクラシー原理の正当性を弁護する.

著者プロフィール

武田 清子(タケダ キヨコ)

1917年生まれ。神戸女学院大学,オリヴェット大学,コロンビア大学,ユニオン神学校に学び,R・ニーバー,P・ティリッヒに師事。「近代日本におけるキリスト教の受容と人間形成の問題」により,東京大学より文学博士。1961年国際基督教大学教授,現在,同大学名誉教授。元世界教会協議会(WCC)会長。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

関連書籍

▲PAGETOP