スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム宗教の未来

 

宗教の未来

著者 パウル・ティリッヒ 著、
大木英夫、相澤一 訳
版型 四六判
ページ数 127ページ
製本 上製
発行日 1999年9月
ISBN 978-4-915832-29-1 C0016
在庫 あり
定価 2,420円(10%税込)

インターネットでのご購入はこちら


内容

現代アメリカ思想において大きな影響を与えたパウル・ティリッヒの現代における宗教の意義を論じた論文集.

著者プロフィール

大木 英夫 (おおき・ひでお)
1928年生まれ。東京理区分幼年学校、筑波大学の前身校を中退、東京神学大学で神学を学び、1956年東京神学大学大学院卒業。1960年ユニオン神学大学(ニューヨーク)ドクターコース卒業(Ph.D.)。組織神学・社会倫理学専攻。 元東京神学大学学長、東京神学大学教授を経て、現在、聖学院大学大学院教授。学校法人聖学院理事長。オグルソープ大学法学博士(LL.D.)。東京神学大学名誉教授、名誉神学博士。
 
相澤 一 (あいざわ・はじめ)
1967年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。東京神学大学大学院修士課程修了。ニューヨーク・ユニオン神学校S.T.M.コース修了。関東学院中学・高等学校聖書科教諭を経て、現在、聖学院大学特任講師。
 
上記内容は本書刊行時のものです。

目次

編者序文 (ジェラルド・C・ブラウアー)
第一部 パウル・ティリッヒに捧ぐ
  パウル・ティリッヒがアメリカに与えた衝撃(ジェラルド・C・ブラウアー)
  パウル・ティリッヒの豊かさの源泉(ヴィルヘルム・パウク)
  パウル・ティリッヒと宗教史(ミルチャ・エリアーデ)
第二部 パウル・ティリッヒによる論文
  宇宙探検が人間の条件と態様に対して与えた影響
  未知の世界
  進歩の理念の衰退と妥当性
  組織神学者にとっての宗教史の意義

訳者解説

関連書籍

▲PAGETOP