スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム政治神学再考:プロテスタンティズムの課題としての政治神学

 

政治神学再考:プロテスタンティズムの課題としての政治神学

著者 深井智朗 著
版型 四六判
ページ数 244ページ
製本 上製
発行日 2000年9月
ISBN 978-4-915832-35-2 C3012
在庫 品切れ
本体価格 2,600円

インターネットでのご購入はこちら


内容

「政治神学」の定義は無数にあるが,本書は「宗教と国家との関係」という視点からの「政治神学の類型論」を試みている.いわゆるコンスタンティヌス体制における宗教と国家との関係における政治神学をタイプAとし,それに対してアングロサクソン世界に展開したプロテスタンティズムの政治神学をタイプBとして,後者のコンテクストで日本における「宗教と国家との
関係」の考察を試みている.

著者プロフィール

目次

プロローグ プロテスタンティズムの課題としての政治神学

第1部 コンスタンティヌス体制とその残像における政治神学(政治神学タイプA)

『政治的問題としての一神教』と『政治神学』

カール・シュミットの『政治神学』

ハンス・ブルーメンベルクの問い   ほか

第2部 プロテスタンティズムのアングロサクソン的展開における政治神学(政治神学タイプB)

中間的考察

プロテスタンティズムのアングロサクソン的展開における政治神学

二つのセオクラシー   ほか

第3部 日本における政治神学の問題

カール・バルトと日本のプロテスタンティズムの政治神学

日本の教会の母体としてのアメリカの教会

一九四五年以後の日本の社会と宗教—W・P・ウッダードというサンプル

エピローグ—ラディカル・プロテスタンティズムと政治神学

現代世界の世俗化とプロテスタンティズム

近代世界の成立におけるプロテスタンティズムの意義

プロテスタント原理としての「自由」   ほか

関連書籍

▲PAGETOP