スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム日本の将来とキリスト教

 

日本の将来とキリスト教

著者 古屋安雄 著
版型 A5判
ページ数 347ページ
製本 上製
発行日 2001年2月
ISBN 978-4-915832-41-3 C3016
在庫 あり
定価 4,180円(10%税込)

インターネットでのご購入はこちら


内容

日本の近代化(西洋化)の問題は,西洋の技術・学問は受け入れたが,その根底にある「キリスト教」を排除して受け入れたことである.アジアで近代化を成しとげ,経済的に成長したにもかかわらず,「キリスト教ぬき」の成長・発展は大きな問題を生じさせてきた.著者は以上の認識から,現代日本の問題の根底にある西洋受容の「ねじれ」を,アメリカ,ヨーロッパなど
との比較において指摘し,21 世紀における日本の課題を明らかにする.

著者プロフィール

目次

Ⅰ 日本の将来とキリスト教—序論

Ⅱ なぜキリスト教か—宗教の神学

Ⅲ 日本のキリスト教—日本の神学

Ⅳ アメリカのキリスト教—アメリカの神学

Ⅴ 現代におけるキリスト教大学の意義—大学の神学

関連書籍

▲PAGETOP