スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム日本社会政策の源流:社会問題のパイオニアたち

 

日本社会政策の源流:社会問題のパイオニアたち

著者 保谷六郎 著
版型 A5判
ページ数 274ページ
製本 上製
発行日 1995年4月
ISBN 978-4-915832-11-6 C3033
在庫 あり
本体価格 3,495円

インターネットでのご購入はこちら


内容

明治・大正初期の社会問題や社会政策の啓蒙家・運動家たちの各人の思想と活動をつぶさに追い,日本の社会政策形成の先駆者たちの姿を生き生きと描く.

著者プロフィール

保谷 六郎(ホタニ ロクロウ)

東京大学経済学部卒業。人事院、労働省、岡山県に勤務。労働省労働研修所長、法政大学・明治学院大学非常勤講師、松阪大学教授を経て、聖学院大学教授。コーネル大学大学院留学(フルブライト)。経済学博士。

上記内容は本書刊行時のものです。

 

目次

第1章 社会政策の形成

第2章 島田三郎と社会政策

第3章 田口卯吉と社会政策

第4章 佐久間貞一と社会政策

第5章 豊原又男と社会政策

第6章 高野房太郎と鈴木文治

第7章 明治期の土地制度論者

第8章 勤労者生活と調査開発者

関連書籍

▲PAGETOP