スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム永遠の言葉

 

永遠の言葉

キリスト教概論

著者 菊地 順 編著
版型 A5版
ページ数
製本 並製
発行日 2018年4月
ISBN 978-4-909022-82-0
在庫
本体価格 2,400円

2,592円
【本体価格+税】


内容

本書は、永遠の言(ことば)であるイエス・キリストを、特に若い人たちに知ってもらいたいとの思いで書かれたものです。現代は、あらためて触れるまでもなく、世界全体がますます緊密化し、多種多様な情報があふれ、価値観が多様化し、多くの豊かさを経験する一方で、国家や民族や個人において深刻な問題や対立に直面しています。そうしたなか、あらためて問われ、また求められているのが、人間としての真実の生き方、そして、救いではないでしょうか。
本書の執筆者はすべて、授業などを通して直接若い人たちに接するなかで執筆しています。そこには、混迷を深める現代に生きる若い人たちに、時代を超えて一人ひとりを生かす永遠の言に出会い、その出会いを通して、より真実な生き方へと招かれてほしいとの思いがあります。そういう思いで書かれたのが、本書です。

著者プロフィール

菊地 順 (きくち・じゅん)

1955年生まれ。東北大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程後期中退、東京神学大学大学院(修士)修了、米国エモリー大学大学院(Th.M.)修了。博士(学術、聖学院大学)。1992年聖学院大学専任講師に就任、助教授を経て、現在、政治経済学部教授。聖学院キリスト教センター所長、聖学院大学大学チャプレン、政治経済学部チャプレン。

〔著書〕『信仰から信仰へ』(日本伝道出版)、『とこしなえのもの』(同)。〔論文〕「M. L. キングの神人共働論」『聖学院大学総合研究所紀要』59号, 2015年,「M. L.キングの人間論」『同』60号, 2015年,「M. L.キングとR. B. グレッグ」『同』64号, 2017年など。

目次

Ⅰ 序出会い

Ⅱ キリスト教とは何か

Ⅲ 神とその民キリストに至る道(旧約聖書)

Ⅳ イエス・キリストの福音

Ⅴ 神の民としての教会

Ⅵ 教会の歴史と現代

Ⅶ 希望と喜びに生きる

関連書籍

▲PAGETOP