スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム自由と家族の法的基礎

 

自由と家族の法的基礎

著者 ジョン・ウィッテ著          大木英夫・髙橋義文 監訳
版型 四六判
ページ数 273ページ
製本 上製
発行日 2008年3月
ISBN 978-4-915832-75-8 C3032
在庫 あり
本体価格 3,200円

3,456円
【本体価格+税】

インターネットでのご購入はこちら


内容

現代の社会で大きな課題に直面している結婚,デモクラシー,また教会と国家の分離などに,憲法学,法律学の立場から考察を加え,現代の諸問題に新しい視角から新しい局面を浮かび上がらせる.著者はエモリー大学法学部教授であり,同大学の「宗教と法」研究所長として数多くの研究活動を進めており,また著書を発表している気鋭の法学者である.

著者プロフィール

ジョン・ウィッテ(ウィッテ,ジョン)

エモリー大学法学部教授。同大学の「宗教と法」研究所長。

上記内容は本書刊行時のものです。

 

目次

◇デモクラシー

1 キリスト教とデモクラシー—過去における貢献と将来の課題

◇教会と国家の分離

2 山の上にある町をいかに統治するか

—アメリカの憲法、自由、教会と国家の関係に対するピューリタンの貢献

3 アメリカにおける「教会と国家の分離」

—トマス・ジェファーソンとジョン・アダムズの見解の歴史と現在

4 「教会と国家の分離」の歴史—その虚実

◇結婚

5 サクラメントから契約(コントラクト)へ

—西洋の伝統における結婚、宗教、法

6 契約(コントラクト)から契約(コヴェナント)へ

—法と神学における契約(コントラクト)および契約(コヴェナント) としての結婚

関連書籍

▲PAGETOP