スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム近代世界とキリスト教

 

近代世界とキリスト教

著者 W・パネンベルク 著、
深井智朗 訳
版型 四六判
ページ数 174ページ
製本 上製
発行日 1999年4月
ISBN 978-4-915832-26-0 C0016
在庫 あり
本体価格 2,000円

インターネットでのご購入はこちら


内容

近代世界の成立にキリスト教はどのような役割を果たしたのか.この問いに対して,ヴェーバーやトレルチなどの見解が提示されてきた.ポスト・モダンや近代の終焉が語られる現代において,プロテスタント・キリスト教が果たした役割について,時代遅れのものと見なされる傾向がある.現代ドイツ神学者のパネンベルクは,近代世界の成立とキリスト教の関係を積極的
に評価し,さらに現代のキリスト教の諸問題を明らかにしている.

著者プロフィール

目次

編訳者序論 近代世界とキリスト教—W・パネンベルクの視点
第1章 世俗化された世界におけるキリスト教
世俗化についての論争とその歴史的起源の問題
文化的な世俗化の問題の帰結
世俗化した文化におけるキリスト教神学の課題   ほか
第2章 宗教改革と近代
第3章 近代のキリスト教的正統性—ハンス・ブルーメンベルクの書物について
第4章 セオクラシー的な選択
社会の政治的な一致のための前提としての宗教の一致
世俗化のプロセスと国家の宗教的な中立
近代的批判の反動   ほか

関連書籍

▲PAGETOP