スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム近代人の宿命とキリスト教:世俗化の人間学的考察

 

近代人の宿命とキリスト教:世俗化の人間学的考察

著者 金子晴勇 著
版型 四六判
ページ数 306ページ
製本 上製
発行日 2001年10月
ISBN 978-4-915832-46-8 C3016
在庫 あり
本体価格 3,000円

インターネットでのご購入はこちら


内容

本書は,近代社会における宗教の衰退,あるいは宗教の個人化という「世俗化」現象を分析し,解明してきた宗教社会学の成果を批判的に吟味し,また現代の諸科学における「世俗化」の理解をとりあげながら,人間学的な観点から「世俗化」現象を考察する.宗教社会学・諸科学では欠落させてしまう人間の霊性に考察の光をあて,現代において人間的精神を回復させる宗教の意味を論じる.

著者プロフィール

金子 晴勇(カネコ ハルオ)

1932年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。聖学院大学教授。文学博士(京都大学)。

上記内容は本書刊行時のものです。

 

目次

第1章 現代ヨーロッパ社会における世俗化の問題

第2章 宗教社会学における世俗化の理解

第3章 現代神学による世俗化の理解

第4章 現代の諸科学における世俗化の理解

第5章 世俗化社会における霊性の回復

関連書籍

▲PAGETOP