スピリチュアルケア、臨床死生学、福祉、キリスト教関連書籍の通信販売は大学出版会まで。

聖学院大学出版会

ホーム近代日本キリスト者の信仰と倫理

 

近代日本キリスト者の信仰と倫理

著者 鵜沼裕子 著
版型 A5判
ページ数 186ページ
製本 上製
発行日 2000年3月
ISBN 978-4-915832-32-1 C3016
在庫 品薄
定価 3,960円(10%税込)

インターネットでのご購入はこちら


内容

近代日本のキリスト教に関する研究の主要な関心は,これまで主として「近代化」という国家的課題の中で,キリスト教が果たしてきた開明的役割を明らかにすることであり,政治・社会との関わりに重点がおかれてきた.本書では,これまでの研究を踏まえつつ,近代日本における代表的キリスト者である,植村正久,内村鑑三,新渡戸稲造,三谷隆正,賀川豊彦を取り上げ,かれらの信仰を内在的に理解し,その信仰と倫理の実像を描く.

著者プロフィール

鵜沼 裕子(ウヌマ ヒロコ)

東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了(1963.3) 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学(1970.3) 文学修士(1963.3)、1989聖学院大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。

 

目次

序章—問題の所在と研究の視点
第一章 植村正久の世界—伝統と信仰をめぐって
第二章 内村鑑三における宗教的寛容について
第三章 日本キリスト者の死生観—内村鑑三を中心に
第四章 新渡戸稲造の信仰—その神秘主義的宗教観をめぐって
第五章 三谷隆正—その信仰と思想に関する一考察
第六章 賀川豊彦試論—その信の世界を中心に
終章—身体性と精神性—逢坂元吉郎の思想をめぐって

関連書籍

▲PAGETOP